新・風の日記

茨城のセンターからレスキューされ、預かりさんたちに守られながら旭川で里親募集中だった風ちゃんが嫁いだ先は犬飼いビギナーのてらこやだった!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の記事は臭い系のネタです。
読みたい方はひとつ下の記事へお進みください(笑)



先日の動物リハビリの記事にコメントをくださった方々、
本当にありがとうございました!

動物と人間の理学療法はすでに盛んな外国でも
普及に20年前後費やしたとの事でした。
日本での実用化はまだ時間がかかると思います。
少しでも早く普及してほしいと思ってくださるのならば、
専門家たちが目的を見失わないよう見守っていただけると嬉しいです。


今普及に向けた動きの中で、私が個人的に一番危惧するのは
不確かな技術と、自称セラピストの氾濫です。
確かに技術と知識は大切なのですが、
どうもそちらが先行していっている感も否めません。
専門家の好奇心だけではつとまらないのが理学療法です。


ある犬種が流行れば無秩序な繁殖が行われるように、
問題を無視して無条件にもてはやされリハビリが流行すれば、
陰では必ず誰かが泣きを見ると思います。
新しい技術を試そうとしたセラピストに危険な治療を施されたり、
獣医の管理が行き届かずセラピストの自己判断に任されたりすれば、
犠牲になるのは、あなたのわんこかもしれません。



だからそれを利用する飼い主さんは、
自分のパートナーが被害を被らないためにも
本当に信頼できるセラピスト(あるいは獣医)なのか、
時には否定的に鋭く観察してほしいと思います。
時には意見をして、本音で話し合ってください。
ちゃんと答えを探してくれるセラピストでしょうか?



今後、飼い主さんを相手に、動物のリハビリに関係する質問を
ブログでさせていただくことがあると思います。
まだ勉強中の身ゆえ、飼い主さんひとりひとりの声を
これからも聞かせてください。
スポンサーサイト
新婚旅行の時にドンパックを買いました。

青森への引っ越しの時に車内がウン臭くなったからです(笑)



検証。
中型犬のウンチ2回分だそうなので、
ウンチを2回してみました。






グイグイ押して詰める。
Nさんはウンチをビニールの上から
指で押してるのを笑われた。




横からの図。
若干はみ出ます。
でも押し込まないと走行時落ちそうで恐いです。
マグネット面をボデーの平らな場所に貼り付けるようですが、
あんなに平らに見えるラシーンも
なだらかにカーブした面なので不安。
ちなみに蓋などはなし。
このままペタッといきます。






ペタッ






美しい。





「あたしのこと?」



ちなみにNさんはドンパックのことを
ウンパックと呼んでいる。
写真整理してたら可愛いの出てきた(笑)



脚短い。


今日はフィラリア薬の日~!




さて、昨日の夜中にアップした記事に早々とコメントを頂けて
書いて良かったと思った。
やっぱり新鮮な内容だし、こちらが思う以上に
飼い主さんは興味を持ってくれていることは
本当に嬉しいし、責任を感じる。

ので、ちょっと踏み込んだ感想と意見を。
読みたい人だけ読むといいと思う(笑)




こんなことを書いてしまうと
あちらの分野の方に嫌われはしないかとビクビクしながら書くのだが(笑)、
動物理学療法チームにはやはり理学療法士が居るべきである。
それも急性期・回復期の現場で経験を積んでいる者が望ましいと感じた。
人間のリハビリ、特に急性期~回復期では
漫然とした治療にならないように
医者と同じ目線になれるレベルまで自らを引き上げて
意見交換しなければならない場面もある。
生理学、解剖学、運動学を理解した上で、
今自分がやっている治療は根拠があるのか、
「良くなると聞いたので」やるのなら素人と同じである。
「良くなる・維持できる可能性の証拠がある」治療ができてこそ
患者さんは経済的・時間的負担と引き換えにリハビリを受けようと思うのだ。

人間で有効な治療=犬にも有効ではない。
作用機序を理解して初めて
「犬にも有効である可能性は捨てきれない」
という考えに至るのであって、
水中トレッドミルをさせて
「歩けるようになって良かったね~♪」ではない。
それでは次に繋がらない。
次回も、その次も次も、何が要因で成功したのか、
何が要因で苦戦するのか貪欲に調査して
本当に犬や猫に対するリハビリに意味を持たせられるかは
今の取り組み方にかかっていると思う。

頭でっかちな理想論かもしれないし、
実際は口が達者なだけでは動物と対峙できない。
だけど、リハビリまで考えてくれる犬たちの飼い主さんは、
本当に犬たちを愛している。
だからこそ、今こそ「理論」なのだ。
例えばリハビリに月5万の負担が必要とする。

同じ負担額で

「ちょっとでも良くなればいいですね。
目標は高い方が良いでしょうね。
うちには水中トレッドミルがあるので入れましょう。
うーん、ちょっとうまくいかないですね。
仕方ないですね。
飼い主さんも家でマッサージしてあげてください。
効果はあると言われてるんで。」

というのと、

「最低でもどこまで回復できればいいなという希望を持ってますか?
獣医は経験上ここまでは良くなりそうだと申しているので、
うまくいけば達成できるかと思いますが。
なるほど。ではまずは自力で立てるところを目標にしましょう。
立てなくなっている原因はあれとこれが考えられるので
こういう治療をしてみましょう。
但し治療はワンちゃんと飼い主さんの協力がなければ
うまくいきません。
治療中にコレコレこういった合併症のリスクもありますが
リハビリしますか?
ではまずワンちゃんの体の動きを少し見せてください。」



と言われるなら、私なら明らかに後者がいい。
要は動物の医療にも人間並みの質が求められているのだから
流行りだから看板を掲げてただリハビリを実施するのでは、
いずれ無視できない問題になるであろうということだ。
リハビリとは技術ではない。
知識と過程と誠実さを以て、患者さんの目線になって
患者さんがやって良かったと思える結果を出せてこそ意味がある。
それが得意なのは理学療法士だと断言したい。



もちろん、動物に関しては素人なので、知識もまだ不十分だ。
動物看護師さんの動物の行動を熟知したハンドリングは
一朝一夕で真似できる代物ではなく、
理学療法士は素人から始める気持ちで謙虚に学ばなければならない。
代わりに理学療法士は、患者だけではなく
リハビリシステム自体を客観的に評価しうる人材として、
動物リハビリチームを支えるのに不可欠なポジションである。
職種の垣根を越えた情報交換がこれからもより盛んに行われるよう願っている。


昨日大学時代の研究室に行って私の頭の中の
動物リハビリの普及に向けた妄想話をした。
動物リハビリの話をして、鼻で笑わないでくそ真面目に聞いてくれるのは
後にも先にもそのゼミの先生だけなので、
行動を起こすときにはいつも相談している。

てらこやの動物リハビリ道の行方は如何に!?
日曜日、東京で開かれた動物理学療法セミナーに参加した。

一般向けの情報ではないが、適当に情報を抜き出してみるので、
読みたい人だけどうぞ(笑)






今回のセミナーは、医師・技師装具士・獣医師の方の講演があった。

医師の講演は人間のリハビリのオーダーを出している整形外科医だったため
話の内容は理学療法士の私にとっては既知の内容ではあったが、
獣医さんを始めとする動物医療分野のスタッフに対しては
真新しい話だったかもしれない。
基本的な事だが、人間の医療現場では
医師はリハビリの指示を出す際
実施上の合併症などのリスクや、期待できる効果、
目指すべきゴールライン(予後予測)等を打ち立て、
患者側への説明を行うべきこと、
指示通りの治療をセラピストがしている以上は
いかなる合併症が起こったとしてもそれは医師の責任であるべきということ、
セラピストの経験が浅い場合や、典型例から外れている症例に関しては
セラピストに「オーダーだけして丸投げ」せずに十分な情報を提供すべきという
基本的な心構えのようなことを話されていた。
また、人間の周術期のリハビリにはクリニカルパスがあることを紹介していた。




義肢装具士さんは、動物用の装具や義足を専門に制作されている方で、
術後の回復の補助を目的としたものから、
回復が困難な症状を持つ部分を機能的肢位に保つものまで、
実際に制作・手直しをしたものをスライドを用いて説明してくださった。
人間とは違い、体に装着することに慣れるとは限らないため
必ずしも効果が期待できないようだが、
非常に有用な手段だと感じた。
装具(主にコルセットやサポーター)が多く、義足は稀らしいが、
中足部(かかとより下)をなくし義足を作った犬が、
義足側に負重しながら思いっきりマーキングしているシーンは
微笑ましく、感動的だった。
サイズが小さくて作るのが難しいことや、長距離を何度も往復して
一日一頭の装具しか手掛けられないこともあるが、
飼い主さんの支払える値段設定でなくてはならないこと、
それだけ支払ってもらっても思ったように効果が出ない可能性もあること
(装着しても歩かないなど)等、やはり万能ではないため注意が必要だ。
ちなみに犬用車椅子は義肢ではないが、外注したものを
改造して提供することはあるそうだ。



最後の獣医さんのお話は興味深かった。
神経生理学的な話を交えていたので、
はたして動物看護師さんや学生さんは
これが理解できたのかと思う内容だったが、
要は人間に適用されている神経病変を見つけるために行う
電気を流したり拾ったりする検査を犬に応用したものだった。
誤診を防ぎ、適切な予後予測の材料となる検査法で
専用の設備がないとできないのだが、
科学的根拠の後ろ盾がある診断はやはり非常に頼もしい。
ほんの一例だが、
例えばMRIなどの画像では明らかに椎間板のヘルニアを持っているダックス、
後肢が麻痺して動かない。
ヘルニアによる症状と捉えがちな状況である。
ここで電気的検査をおこなうと、
脊髄ないし脊髄神経の根元には病変が認められないが
末梢の運動神経が正常に作用していない。
ヘルニアが直接の原因ではない可能性が高いため
手術で取り除いても術後の成績は不良であろう。

という風に診断を進めていけるし、原因がわかれば
治療法もより効果的と思われるものを選択できる。
また、ヘルニア手術中にリアルタイムに体性感覚を調べ(モニタリング)、
術中の波形を予後予測やリスク管理に役立てる試みも実施しているようだ。
いずれもほとんどの例で全身麻酔が必要であること、
設備が整ってなければならないことが問題点であるが
不要な手術の負担を犬や飼い主に負わせることなく
最善を尽くす事ができるなら、
今後、より簡便に検査できるようになることに期待したい。







初めて見る水中トレッドミル




買って読んでみたかった書籍。高い。


江戸に来ています。
祭りのような人混み!!

明日は動物理学療法のセミナーに参加します!
冬支度が徐々に進んでいます。



「今年も焼くの!!!」



いつになったらこげ茶色になるんでしょうね(笑)



うちの近くにある海の公園で黒柴の飼い主さんと仲良くなった。
ブログやってるんですって言ったら

「ほんと!?探してみますー!」

って言ってくれたので “風の日記” ですと教えた。
とても良い人なのでまた会いたいと思ってたんだけど、
今日、バイト先で女性のお客様に声を掛けられたら
その黒柴さんの飼い主さんでした!



くうちゃんママですよね!!」



(笑)




「あれから検索したんですけど
ブログ見つからなくて!」





そりゃすみません・・・(笑)

名前を訂正するタイミングを逸したのでもう一度お会いしたいです!



模様替えで動かした家具が倒れてしまった。
風ちゃんにはケガもなかったけど、
ブルブルが止まらなくて、部屋の隅で座り込んで
おやつも口にしない(汗)

だっこしても何しても治まらず、
Nさんに写真を撮ってもらったら
別犬みたいな顔になっててミミがなかった
(ごめん風ちゃん、ちょっと笑った)




なかなか治らないので忘れさせるために
散歩に行って、走らせて、わんこさんに会わせて
シーしてウンして帰宅したら
ケロッとしてオヤツもご飯も全部食べてくれた。


あぁホッとした~


ほんとにごめんよ、風ちゃん。
恐かったね~




「まったくもう!てらこやは!明日からアタシがリーダーだからね!」



いやいや、言いたいことは色々あるでしょうが
あんなにビビりになっちゃうのにリーダーなんて大丈夫なのか?





「うーん、わかんない!」


「ご、ごくり・・・きちょうなオヤツなの・・・」




まーだだよ!

さて、青森市に引っ越してからの発見をひとつ。



ずばり!青森はデブ犬多し!!(笑)

というより、運動<<<<食 の習慣が根付いていると感じる。








「焦らず騒がず・・・コレを逃すと今日はもう貰えないに違いないの・・・」





私が旭川で出会った犬飼いさんは犬の食事への気遣いがある人が多く、
理想的な美しい体型のワンともたくさん知り合った。
実際のところは、おやつをあげすぎる家族もいるが、
誰かがストッパーになったり、十二分に遊ばせたりできる環境なんだろうな。







・・・欲しい人!





「はーーーい」


よし!



「カパッ!ひとくち!」







こちらでは普通にJR鈍行切符サイズのおやつを
一度に10枚くらい与えるのだから驚きだ!
それ風ちゃんの100回分ー!みたいな!

風ちゃんがこないだ人から貰う流れになった時に 
『アレルギーあるのでこっちをあげてもらえますか?』

とフードを3粒くらい渡すと

『こんきしかかへねんだか!!かわいそうだの!』

と言いながら、3粒一度に風ちゃんにあげてた(笑)


別の飼い主さんには、
うちにあった貰い物のピナクルのサンプルを渡して
風ちゃんが食べられない材料が入ってるので
オヤツ代わりに良かったら持って帰ってくださいと言ったら
その場で開けてなんと半分以上食べさせながら


『最近ダイエットさしてるから、
おやつじゃなくてフードあげてんのよ!わはは!』



と言われて、罪悪感を感じてしまった(苦笑)



以前出席した動物理学療法のセミナーで
獣医さんが時々面白い話を挟んでくれたのだけど


「『先生!うちの子痩せちゃって大変なの!』って来る飼い主さんは居ても
『先生!うちの子太っちゃって大変なの!』って人は居ないんだよなぁ~
おかしいなぁ・・・(笑)」



ってのが一番笑えた|*´A`)ノ
肥満も治療の対象です!
愛があるなら表面だけ家族呼ばわりせずに
心を鬼にする事も忘れずにっ







「余韻を楽しむの~・・・ねろねろねろ・・・」





私は風ちゃんの食べ物に関しては、かよ母さんから
細かい指導をされた。
しつけの指導や登録・避妊手術・ワクチン等の話もあり、
母がいい加減良いじゃないかと思って

「もっとアバウトでいいと思ってたわ~(汗)」

と言ったあとの、かよ母さんの一言、

「そりゃそうでしょうよ、お母さん!
嫁に行く子には幸せになって欲しいもの!」


うーむ、さすがです。
この時点で母の手には飴、てらこやの手には鞭が
握らされたんですから(笑)


ちなみにNさんは私の洗脳が完了していて、
風ちゃんが一番喜ぶペース配分で無駄なく与えてくれる。
助かる。
枯れ草の中に居るのが似合う柴犬。

柴とは枯れ木。






まあ風ちゃんは偽物だけどね!





「てらこやのばかーふんいき台無し!」


風ちゃんはシカ♪
最近かゆかゆすることが多い。

そのせいか胸の毛が後肢が届く場所限定で薄い(汗)

ハウスダストの季節ですなぁ・・・
ということでこないだの休日は布団と床のハウスダスト除去に全力を注いだ。




「こないだNさんごと、家を追い出されたの。
夫婦喧嘩のとばっちりはやめてほしいんだよね。」



ちがうよぉー!(涙)
風ちゃんのために掃除機かけてる間は出掛けてるように頼んだんだよぉ!

現在は、前のかかりつけでもらっておいた薬と、
気休めのレメディを併用中。
なんだかフードが魚系の方が調子が良い気がする。
柴系は元来、魚をタンパク源としてきたような話も聞くので
もしかすると気のせいではないのかもしれない。
風ちゃん用の鮭のちゃんちゃん焼き





「おいしそうなの!はよ食わせー!」




え~、どうしよっかな~♪







「・・・・・・・・・・・・・・・。」




食べたい人!




「はーーーい」





どうぞ♪

「いただきます!」






やっぱり鮭はひとくちでした(笑)


ここまで食べられた玉子焼に対して

「全部食べていい?」

って聞かれたら何が何でもツッコミたい。
昨日の夕方に帰ってきました!


ペンションむってぃさんはお風呂と厨房以外は犬OK!
ベッドの上に上がっても「いいんですよー」と。



「風もお留守番なしでおかずも少しもらったよー!」



うん。岩手牛のしゃぶしゃぶにもありつけたね、
風ちゃん!






小岩井農場では牧草に落書きできる場所があったので




三人の名前と風ちゃんなんぞを書いてみた。





安比高原牧場の牛。



牛「なに見てんじゃこら」





わんこそば



Nさんお腹がすいてなくて51杯しか食べられませんでした!






朝のお散歩はダウンジャケットのいる寒さでした!






「楽しかったの!楽しくて常に前のめりなの!」




また旅行しようね!
安比高原のペンション「むってぃ」さんで二泊!



安比高原牧場の無料ドッグラン




「ギャハハハハ!」







「ご飯はまだかなー」


お部屋で休憩中。


どこへいくのかな~


「何してるのー!」



明日は遊びに行くからね~!
メカニックNさんが整備しているよ♪
車の中で綾小路きみまろを聞きながらドライブだよ~


てらこやはユニクロでよく買い物をするが、
洗濯物を干そうとしてこのシールが落ちてきた時の
絶望感は異常。






「絶対つけたまま歩いてたの~」


THE YELLOW DOG PROJECT


この風ちゃんブログまでわざわざ来てくださる方は
よっぽど優しいかよっぽど奇特な方ですので(笑)、
共感してくださると思いますが、
賛同してくださるなら一緒に広めて頂けると
とってもとっても喜びます!犬が!






ブログの更新ネタに困っているそこのあなたも!よろしく!(笑)



風ちゃんは人に寄ってこられて怖がるので
風ちゃん用オヤツをあげてもらったりしてますが、
進んで手持ちのビスケットやササミや、
ひどいときにはココアのドーナツを与える人も(汗)
最後のは問題外(っつーか大問題)ですが
アレルギーですからってのがわかる目印が
あればいいなーと思っていたらNさんに

「Tシャツに食べれないもの書いて歩くのは?」

と言われたとか言われなかったとか(笑)



ちなみに豆知識ですが、犬用ケーキやビスケットの
ココア色を装うのには、人工着色料か、
キャロブという食物が使われているはずです。
チョコはダメだけどココアはいいと誤解している人がいますが
どっちもおなじカカオですから~って教えてあげたい。


風ちゃん布団を干しました







「ガーン!風のおふとんが・・・・・・」






「臭いはそのままがいいの!消臭反対!」





おひさまのいいにおいが付くかもよ?♪








「てらこや、それダニの死骸の臭いだって知らないの?ブフフ!!(笑)」






その知識誰から聞いたんだい?(汗)




ハウスダストアレルギーの風ちゃんはダニの死骸にも
注意が必要だよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。