新・風の日記

茨城のセンターからレスキューされ、預かりさんたちに守られながら旭川で里親募集中だった風ちゃんが嫁いだ先は犬飼いビギナーのてらこやだった!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝の散歩は海の公園だった。

車から降りて風ちゃんを歩かせ始めてすぐ、
公園の入口にそれはそれは可愛くしょぼくれた顔の
じいちゃん柴犬に遭遇した。

柴の老犬萌え~♪




・・・ところが・・・・・・?・・・ノーリード!?
あれ?飼い主いない?

風ちゃんと一緒に近づいたが全く攻撃性もなければ
風ちゃんの匂いを嗅いで「ギャルじゃ(´ω`)」と言うだけ。
手を伸ばしたら驚くほど簡単に捕まえられてしまった。


ああ、デジャヴだ。

てらこやは風ちゃんがまだ子犬の頃にも
出勤前の散歩の時、自宅付近で迷子の雑種を保護したことがあった。
その時も本当に簡単に捕まった。
一度捕まえてしまったものは離すことができなかった。
ここで手を離したら車に轢かれちゃうかもしれないと思った。
私が留守の間の世話を親に託したところ、
警察に引き渡されてしまうという
不本意な成り行きになったことがあった
(一度引き渡すと収容期限が切れても引き取れず処分しかないと言われたため)。
警察からその後の連絡もなく、私のせいで飼い主と行き違って
処分されてたらと思うとやりきれず、
数ヶ月後の散歩でその子に偶然再会するまでは後悔しかなかった。



よし、じーちゃん。
私がおうちに帰してあげるからね!
帰れなかったらてらこや家に帰ろう!



そう話しかけてセブンウェイリードを
ドヤ顔で二頭引きに変形させ、
じーちゃんを捕獲!
頭の中では、飼い主が見つからなかったときの対策をシミュレーションした。





だが飼い主はあっさり見つかるのだった(笑)





てら「もしもし、私てらこやと申しますが。」

警察『はい』

てら「○○公園の入口で迷子の犬を保護しまして。飼い主さんから届けがなかったかと思いまして。」

警察『あーはい!』

てら「オスで柴犬だと思うんですが」

警察『もしかして、黒の首輪でないですか!?』

てら「・・・!!そうです!!」

警察『飼い主さん探してるわー!!いやぁ良かった良かった(笑)今どういう状態ですか?離れてます?』

てら「いや、捕獲して一緒に居ます~」

警察『・・・・・・噛んだりする?』

てら「(笑)全然優しい子です」

警察『すぐ迎えに行きますぅー!』

てら「お願いします(笑)」





こうして過去とは違う、最も理想的な形での
警察への引き渡しとなった。めでたし!
電話するまでには公園内を歩きながら
飼い主さんを探して回ったりもしましたが
(ノーリードにする人がいるため)、
風ちゃんはお利口さんに一緒に居てくれました。
ありがとうね、風ちゃん!
柴のじーちゃんはなかなか良いキャラで、
ちょっとお別れが惜しかったけど、
当の本人はパトカーの運転席と助手席の間から顔を出し

「家まで安全運転でよろしく頼む」

とか言ってこっちを振り向きもしなかったんだぜ!(笑)

今回、迷子札や鑑札が付いてなかったので、ちょっと捕獲をためらった。
もしついてたらもっと迷いなく保護してあげれたなと思う。
もし飼い主さんが現れなかった時の事を考えると
見て見ぬ振りした方が犬のためかもしれないという
悪魔のささやき的葛藤があるのが事実。

ほんと迷子札つけて~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。