新・風の日記

茨城のセンターからレスキューされ、預かりさんたちに守られながら旭川で里親募集中だった風ちゃんが嫁いだ先は犬飼いビギナーのてらこやだった!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぐらんわん!ってフリーマガジン知ってる人いますか?









歳をとった愛犬達の写真のコーナーがそそります・・・
雑種がたくさん居るのもいいね!!(笑)


老いは絶対に絶対に遅い方がいいけど、
歳とった犬を可哀想に思ったり悲しむのは違うよね。
そりゃ犬に失礼!
「昔はあんなにピチピチだったのに」とか言われたら
てらこやは「お前もな(怒)」と思う(笑)
お別れが近づいてる気がして悲しくて~
とかいう人もいるけど、
今の自分を見た飼い主が、悲しむより笑顔の方が
犬にとってはいいじゃないかと思う。



このフリーマガジンには、老犬になるとよく見られる
行動や体質の変化などに触れて説明してくれたり、
長生きのため、介護予防のためのポイントなんかが
読みやすく書いています。
てらこやのお気に入りです。




ところで、このぐらんわん!には
「補助犬というパートナー」という
聴導犬の育成・普及を行う方が執筆しているコラムがある。
それによると、現在聴導犬は愛護センター等から
候補犬を探すことが多いというではないですか!
嬉しいねー!ありがたいねー!
才能があって人が好きな保護犬はきっとたくさんいるはず!
ぜひそういうポジティブな面からも
保護犬に注目してもらいたいですね!









ちなみに、風ちゃんも頭が良いため、
躾を頑張れば介助犬並にコマンドが入ると思っていた時期が
私にもありました・・・



以下抜粋して要約。








「聴導犬になる為に大事な適正とは、能力的な事ではありません。
犬の性格なのです。

自由気ままが好きな子や、他の物に興味が強い子はストレスの多い生活になりますので、訓練をすることはありません。
また、知らない人に警戒する子にとってもやはり幸せな生活とはいえません。
色々な環境に対して緊張や怯えからパニックを起こしやすいようなら、可哀想以外の何物でもありません。」










な~んか、知ってる気がするわ~・・・



  






「~~~~~~~~~~♪」




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。