新・風の日記

茨城のセンターからレスキューされ、預かりさんたちに守られながら旭川で里親募集中だった風ちゃんが嫁いだ先は犬飼いビギナーのてらこやだった!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「・・・・・・・・・」








「(ニヤリ)」






殺気!?







スポンサーサイト


「てらこやは修造が出ると笑うの」















いつも感じるけど、とてもさんかくだ






















美しいな。








私が初めて迷子犬を捕獲したのは
風ちゃんが来て数ヶ月くらいのこと。

朝の散歩で後ろからトコトコとついてきた犬が
風ちゃんに「おはよー!」と挨拶にきた。
でも飼い主が居なかった。
さらに後から来た人に飼い主さんらしき人がいないか
訪ねたけど手掛かりになるものはなくて、
車通りも多いので結局連れて帰った。



風ちゃんの元預かりさんから
警察と保健所それぞれに迷子犬を捕獲した旨を
連絡することをアドバイスされたが
出勤時間が迫っていた。
風ちゃんと迷子犬を隔離して、
後は任せろという母に託して出勤。



帰宅後、迷子犬は居なかった。
どういうこと!?と聞いたら

「風ちゃんがいつもと違う空気を感じて
元気をなくしている様子だったから、
いたたまれなくなって迷子犬を警察に
連れて行ってもらった。
風ちゃんが一番大事。
迷子犬は運がなかった。」

という主旨の事を遠回しに告げられた。
確かにバタバタしてて風ちゃんの
フォローができなかったせいで
ストレスを与えてしまったのは私の落ち度だった。
でも母は風ちゃんを譲渡されて大事にしていたことで
命の期限の重さを十分に知っていると
思っていただけに、
それを聞いた時のショックは大きかった。

迷子を保護した時の対処を事前に知っていたら良かった。
仕事を休めば良かった。
もっと私がしっかりしていれば。
むしろ捕獲しなきゃ良かった。

たら、れば、ばっかり考えていたし、
当然というか警察や保健所からは
その後何の連絡もなく、もし処分されていたらと
こちらから連絡して確認するのも怖かった。



数ヶ月後、散歩していて
いつもは行かない道に入って行くと
外飼いの犬が繋がれていたのだが、
そこにはまさしく例の迷子犬がいて、驚いた。
てらこやはなんて運が良いんだろう。
ちゃんと気付いてすぐに探してくれるような
飼い主じゃなかったら、どうなっていたかな。



私にとっては本当に苦い経験でした。
でも経験を昇華できる人間でありたいから、
あのときから3年間
迷子犬を見つけたら、見なかった振りをしたり
逃げたりするのではなくて、
自分にできることは何かを何度もイメージして
過ごしていました。

その間、いくつか迷子の話を見聞きしました。
執事さんが捕獲に携わったきりしま君の話や、
譲渡した後すぐに逸走したyumekoさん預かりのすももちゃんの話を
当事者のように祈る気持ちで読みました。
捜索は、捕獲するまで協力者と朝に深夜に渡り
見回り、張り込み、ポスター貼りや捕獲器設置など
とんでもない労力を要しています。
(それなのに風ちゃんの逸走を許してしまう事件がありました。
こういう関係者の苦労を知りながら本当にダメな飼い主でした。)
捕獲のために寝る間を惜しんで動いている人達や
犬が帰ってこない不安を募らせている飼い主にとっては
目撃情報だけでもどれだけありがたい事でしょう。



ひとりで放浪している犬を見かけたら、
胸を締め付けられる思いをこらえながら
探しているかもしれない人のために
どうか時間を少し分けてもらえたらと思います。
保健所に通報しても、飼い主さんに
確実に情報がいくとは限りませんし、
捕獲収容の要求以外では動いてくれないかもしれません。
でも照会してもらえば、犬を探している人と情報を
共有できる可能性はゼロじゃないと思います。
地域に保護団体さんがいる場合は
情報をホームページに掲載して頂けることもあります。

また、警戒心の強い犬とわかる場合は
声を掛けたり追いかけない方がいいのですが、
私が過去3例経験した迷子犬のように
自分で寄ってきたり弱ってて逃げられなかったりで
容易に捕まるような超マイルドな迷子もいます。
一度収容されてしまえば命の期限がつきますので
居候させてやれる環境が整っている場合に限り
交通事故などからの安全確保のため
個人保護して警察・保健所双方に
連絡するという方法をとることもできます。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。
読んでいただいたついでに
「うちの犬が迷子になったら見かけた人や
捕まえた人にどうしてほしいか」とか
「こんな迷子犬がいたら私なら・・・」とか
考えてもらえる機会が少しでも増えたら
嬉しいなと思います。




「風は追いかけられると逃げるタイプなの」




な、なんだってー!



飼い主さんから保健所に問い合わせがあり
スピード解決でした(^^;



犬の散歩から帰って
風除室で食事させる(係留なし)

人間の朝食を用意する

犬が扉を開けて居なくなっているのに気付く

数時間後てらこやが保護する

てらこやが警察・保健所へ保護の旨を伝える
病院での健康チェック

知り合いからアドバイスされた
飼い主さんから保健所へ問い合わせ

「見つかりましたよ!」



という顛末でした。
一連の出来事をすごく長い時間に感じてたけど
保護から電話が来るまでわずか1時間程でした。
雪を食べながら一心不乱に歩く痩せた姿を見て
ひもじいんじゃないか、
どっか悪いんじゃないかと焦ったてらこやが
飼い主からの問い合わせより先に行動してしまったため
ワクチン接種してしまうという痛恨のニアミスです orz
飼い主さんによると、
加齢からかここ1年くらいで痩せてきて
下半身の筋肉も細くなっていってたらしく
どうやら飢餓状態ではなかったようです。



治療に急を要する身体的な異常がないか
(脱水・栄養失調・低体温・傷病など)とか、
風ちゃんに感染などが起こらないかとか
そんなことしか考えてなかったので、
飼い主さんに引き渡すときに
保護目的で早まっていらん処置してしまったことを
伝えて謝りました。
ワクチン接種がご老体に負担にならないことを
祈るばかりです(;_;)



ちなみに保護は一縷の気の迷いもありませんでした。
私は迷子の犬を初めて捕獲した時の事に
未だにとてもとても悔いを残していたのです。
その事についてはまた・・・


単頭飼いであること、引っ越しに伴う空き部屋の存在、
必要な犬用品の持ち合わせがあったこと、
Nさんが隣にいたこと、
病院が開いている平日であったこと、
てらこやが今無職であること(笑)、
全部の状況が味方していて
目の前の犬を捕獲しない理由がありませんでした。

いつも運がいいてらこや、きっとなんか持ってる!
っていう謎の自信しかありませんでした。






そうそう、
病院での返還の時、
泣きながら再会を喜んでいた飼い主さんが
駆け寄りながら言ってました。









「風太~~~!!(涙)」









おめーも『風ちゃん』やったんかい!(笑)







「やっぱてらこや持ってるの。」



今日はNさんがお休みなので、
広い公園まで足を延ばそうと2人+1頭で
車で移動していた時のこと






(犬)










 ,,,,,(犬)










, , ,,,,,, ,,,,,(犬)















え゙・・・今の何かな(汗)


て「Nさん、今犬居なかった?」
N「ん?」いた?


わ、私には人が見えなかったのかな?
それとも居ないハズの犬が見えたのかな?(°°;)

いやはや、気のせいじゃありませんでした。
迷子犬を見てしまいました。
車も多くて危険なので追っかけて捕まえました~
なんでか私の保護する子は毎回簡単に捕まるのよね・・・












「僕はなぜこんなことに・・・」





痩せてて足の筋肉も萎縮してるから
放浪してたのかな?
とりあえず警察と保健所に連絡してみたけど
飼い主さんからの届け出はなし・・・
ならばうちに居候の可能性が高いかなと思って病院へ。
オスの老犬で足腰が弱って変形もあり。
でもフィラリア(-)、寄生虫(-)。
獣医さんはノミ・ダニのスポットと
弱めの混合ワクチン接種をしてくれました。




で、



会計を待ってると、登録してない番号から着信!?



「保健所の者ですが、

飼い主さんらしき人が

見つかりましたよ!」










な、なんだってー!






「ゆきだるま壊れてるー!」







「海さむそうー!」




風ちゃんが一番楽しそうになるのはロングリード散歩。
多頭も憧れるけど、これが満喫できるのは
単頭飼いの特権だね♪
多頭でやってもいいんだろうけど・・・
うちは地を這うリードの行方と
他者の存在には常に気を配るので
多頭じゃとても無理です(*_*)
かといって多頭ノーリードには賛成できませんが・・・

ノーリードといえば、
フリーで遊んでいた犬が、通行人に危害を加えてなくても
トラブルや訴訟なんかになったりする事例もあるようです。
犬飼いの「運が悪かった」のではなくて
「防げた」のでは?と思います。
飼い主の我慢が足りないばっかりに
犬ばかりが悪者にされることがありませんよう。









「わきゃーーー!かぜになるのーーー!」








「~~~~~~♪」






「・・・・・・・・・・・・。」






よくある(笑)






おそなえ餅のみかん

















ごろごろ~~~~













「風は芸達者なの!」







ビートママさんからのお届けものです。






「なにかなー」






「ふんがふんが・・・なんじゃこれ」



なんじゃこれはねぇだろう(笑)
私の大好物だよ!
夏みかんのシロップです。





「じゃあこれはー?」



夏みかんのピールです!
今回の主役だよ♪
ビートママさんの夏みかんピールは
柔らかくて甘さも程よくて
シャレオツなんだよ!
無糖の紅茶と頂きたい逸品だよ♪





形も美しい・・・





「吸い寄せられる~~」



あ~食われる~







「ビートママさん、てらこやにこんなに
あげちゃっていいの?
お金ならあたしがいくらでも払うの」


風ちゃんの懐には毛しかないでしょうが。



ほんとに買うに値するような品物なんですが、
ビートママさんの優しさに甘えて頂いてしまいました!
てらこやは一気食いの癖があって
前回頂いたものもあっちゅうまに
なくなってしまったので、
今回は大切に食べなきゃです。

























シャレオツ~



(充電器の線は見てはいけない)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。